もろみ酢の原料、もろみ酢ができるまで

もろみ酢の主な原料は

「タイ米」と「黒麹菌」

です。

蒸したタイ米に黒麹菌を種付けし、黒麹菌を増やします。
この種付けから約40時間をかけて製麹されたものに泡盛の酵母と水をまぜて「もろみ」ができあがります。

このもろみをアルコール醗酵させます。

醗酵させたもろみを蒸留して抽出されたアルコールが泡盛の原酒となります。
この段蒸留後に残ったもろみを圧搾・濾過してもろみ酢ができあがります。
(濾過してできあがった液体のほうが「もろみ酢」になります)

記事一覧