クエン酸のキレート作用

「キレート」とはギリシャ語で「カニのハサミ」という意味からくる化学用語です。
キレート効果はデトックスに効果があると言われる理由は有害成分を体の外へ出す働きに大きくかかわってきます。
有害なミネラル分が体内に入ると脂肪に蓄積されていきます。この有害な成分は脂肪の燃焼とともに血液中に出ていきますがここで「キレート」することができれば体外に排出されます。キレート結合する成分は体内の有害ミネラル成分と包み込むように結合しこれらの成分を体外に排出することができるのです。

食品ではタマネギやアスパラガス、ニンニク、ブロッコリーやモズク、メカブなどに含まれることが知られていますが、クエン酸にも多く含まれています。このキレート効果を応用して掃除に使うこともあるほどです。

もろみ酢に豊富に含まれるクエン酸にはこういったデトックス効果も期待できるといわれています。

記事一覧